× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
コロナ禍でのショッピング体験 資生堂から非接触型の肌測定
8/21/2021 9:49:32 AM  文/本誌記者 倪亜敏、洪倩
 
 

新型コロナウィルスの生活への影響は、さまざまな面に現れており、女性たちも自身のショッピング行動の変化に気づいていることだろう。デパートでは感染防止のため、素晴らしい商品が目の前に並んでいても、今は気軽に手にとって試すことはできない。ソーシャルディスタンスのために、カウンターで肌に触れるアドバイスも難しい。

「新しい生活様式」が顧客のショッピングに及ぼす影響を乗り越えようと、日本の化粧品ブランドは積極的に対策を打ち出している。資生堂が世界88の国と地域で展開しているプレステージブランドSHISEIDOは、最新のテクノロジーによってコロナ禍でのショッピングに新しいモデルを開発した。

2021年6月、SHISEIDOは非接触で肌内部の美のめぐり※1を即座に測定できる店頭機器Beauty Alive Circulation Check(ビューティー・アライブ・サーキュレーションチェック)のサービス提供を開始した。早速、銀座にあるSHISEIDOのブランド旗艦店「SHISEIDO GLOBAL FLAGSHIP STORE」 でこの製品の開発背景と使用方法について取材した。

Beauty Alive Circulation Checkは長方形でミラー型のサイネージで、ミラーの上部に肌表面温度の状態を撮影する専用カメラが設置されている。測定を開始するとミラー面がパネルとなり、タッチパネル方式で性別、年齢、肌の悩みなどパーソナル情報を入力する。その後、メイクオフ不要で、二つのカメラで顧客の肌内部と肌表面の状態を測定する。

Beauty Alive Circulation Checkの測定基準は、肌内部の美のめぐりの他、①透明感あふれる輝き、②ハリ・弾力、③なめらかさである。SHISEIDOはこの3つの要素を美しい肌の状態の重要指標のバランスとして、「アルティメートトライアングル」と名付けている。測定終了後、システムが3つの指標をそれぞれ評価し点数を出し、写真の中で肌に問題のある部分をマークする。

最後に、肌状態と測定結果に基づき、顧客におすすめの商品を提案する。特に素晴らしいのは、このシステムではさらに顧客の肌状態の改善状態をシミュレーションできる点である。Beauty Alive Circulation Checkは全く新しいショッピング体験を提供してくれるはずだ。

この機器は7月上旬までに、日本全国の約50カ所のカウンターに導入された。資生堂の研究開発担当者によると、これは資生堂の長年の研究の蓄積の成果に基づいて開発された測定機器であり、最も大きな特長は非接触で顧客の肌状態を測定し、美しい肌へのパーソナライズなアドバイスができる点である。また、非接触で肌内部の美のめぐりを即座に測定を行う店頭機器は資生堂で初であり、今後は引き続き中国を含む約20か国のSHISEIDOの店舗に導入していく予定である。

実際にBeauty Alive Circulation Checkを体験し、肌測定をしてみた結果、大変感動した。近年、人々は健康診断から自身の健康状態を知り、その結果と医師のアドバイスによって生活習慣を変えたり、治療を受けたりしている。SHISEIDOの非接触型肌測定機器は、肌の健康診断に似た役割を持っており、女性たちが肌の健康と美肌をますます重視するようになっている現在、美しさを追求する人々に信頼できる肌ケアのアドバイスを提供してくれ、一人一人に最も合う商品を選択してくれる。

コロナ禍で、Beauty Alive Circulation Checkでの測定はカウンターでのアドバイスのための利器となっている。「お客様の肌に直接触れることが叶わない今、非接触の肌の測定機器を活用することで測定結果に基づきお客様それぞれのパーソナルな肌悩みに合わせた最適な商品を提案できるようになりました」とのことだ。

さらに、SHISEIDOが提唱する、透明感、ハリ・弾力、なめらかさの3大要素がバランスよく整った状態に導く最適なアイテムとして新しくリニューアルした「アルティミューンTM パラライジング コンセントレート Ⅲ」を7月1日に発売している。本商品の特徴を聞くと、独自のイミューンジェネレーションREDテクノロジーTMを搭載し、肌の明るさ・ハリ・なめらかさが備わった、「生命感あふれるつややかな肌」へ導く。コクがあるのにみずみずしく、素早く肌になじむ使用感と好評のグリーンフローラルの香りは踏襲している、ということだ。

この機器の体験が終わった後、SHISEIDO GLOBAL FLAGSHIP STORE内を見学した。多言語で使えるセルフサービスのQ&Aシステム(デジタルスキンケアテスター)は、肌状態の悩みを入力すると、推薦するスキンケア商品を提案し、ディスプレイにある該当商品のトレイを光らせて、置かれている位置を示す。この精巧なシステムは、コロナ禍で非接触の買い物のニーズに気配りしているだけでなく、外国人客のショッピングに便利なよう配慮されている。このほか、「アルティミューン」の詰め替えサービスの展開など、サステナビリティへの取り組みも強化している。

Beauty Alive Circulation Check測定機器に代表される、SHISEIDO GLOBAL FLAGSHIP STORE内の一連の創造性とコンセプトは、日本の化粧品ブラントが美容科学、最新のテクノロジー、おもてなしの三つを融合させ、世界の顧客に全く新しいショッピング体験を形作ったことを実感させた。絶え間ない進化、これこそ資生堂の生命力の源泉かもしれない。

※1 美のめぐりとは、かがやき、なめらかさ、ハリの美肌の要素3つが整う肌であるかどうかを測定し、可視化したものです。美のめぐりがよいと、生命感あふれるつややかな肌に導くことができます。

 

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
 
 
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
电话:代表 03-3980-6635 编辑部 03-3980-6639 营业部 03-3980-6695
Copyright 2004 JNOC, All Rights Reserved