× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
プロバイオティクスが 「未病」を改善
5/25/2021 1:12:51 PM  
 
 

香港マイクロバイオーム学会の2021年度春季シンポジウムにおいて、治験者300名超の大規模な地域調査結果が報告された。この研究は香港サイエンスパークのパートナー企業である生物医学科技ホールディングス有限会社(BioMed Technology Holdings Limited)が技術支援し、香港医療保健研究有限公司(Hong Kong Healthcare Medical Research Ltd.)に委託して2020年8月から2021年4月までおこなわれた。

この研究は任意抽出した265人の香港市民の検査データを分析したもので、検便サンプルの収集、腸内細菌のDNA測定により、次世代シーケンシングを用いて分析をした結果、慢性疾患を持つ治験者の6割は腸内バランスが崩れていたことがわかった。そのうち123人(46.4%)には湿疹と皮膚のアレルギーがあり、142人(53.6%)には体重超過と肥満があった。また、半分以上の治験者が二つ以上の健康問題を抱えていた。この研究の結果から、異なる健康問題を持つグループでは不足しているプロバイオティクスもそれぞれ異なることがわかった。

その後、今回の研究の治験者はDNA測定結果に基づき、異なる症状に対して相応の標準的な量のプロバイオティクスを補充した。そのうち、146人の治験者には2カ月間の補充後、再度腸内細菌のDNA測定をおこなった。2回の測定を比較すると、湿疹のある治験者の多くはアシドフィルス菌とビフィズス菌が不足、便秘の治験者の多くは直物声乳酸菌とビフィドバクテリウム・ロンガムが不足、慢性下痢の治験者の多くはビフィドバクテリウム・ビフィダムとビフィドバクテリウム・ロンガムが不足しており、プロバイオティクスを補充すると、湿疹、便秘、下痢の症状の改善に有効であった。

よって、プロバイオティクスを有効に利用して腸内フローラを調整すれば、それぞれの健康問題に必要なプロバイオティクスグループをピンポイントで選択できるほか、腸内細菌のDNA測定結果に基づいて自身に合ったプロバイオティクスの菌株と投与量をテーラーメイドすることで、健康問題を明確に解決できる。

正確な診断と治療は医学レベルの応用にとどまらず、大衆の未病状態のヘルスケアの改善に適用できる。個別のニーズに対する「テーラーメイドのプロバイオティクス」は、ヘルスケア分野の正確な診療の最良の応用である。

シンポジウムでは、香港中文大学生物医学学院の副院長である徐国栄教授が腸内フローラとメンタルヘルスに関する最新の学術研究について解説した。徐教授は、腸内フローラは血液脳関門の正常な機能を促進するだけでなく、腸内分泌システム、腸内免疫システム、神経系統を通じて、われわれの感情と行動に影響を与えるとした。また、腸内フローラと脳の発達、多動性障害、自閉症、精神疾患との関係についても説明し、さらに腸内フローラの調整でうつや自閉症の症状を和らげたという研究事例も挙げた。

香港中文大学医学院小児科学系の韓錦倫医師は、腸内フローラと小児のアトピーの問題の最新の状況について紹介し、香港の子供の湿疹・アトピーはよく見られる症状で、完治する可能性は高くないものの、科学的な検証を経た西洋医学、中国医学の治療法で、病状の深刻さを低減できたとした。また、現在市民の子供の湿疹・アトピー治療に対する理解は深まっており、将来は市民に多くの地域研究と公共教育によって現在の医学の発展を理解してもらいたいと述べた。

香港マイクロバイオーム学会は、さらに現地と海外のさまざまな機関との提携で、香港、中国大陸、タイ、韓国でさらに大規模な腸内フローラの地域研究を展開すると発表した。この研究では1000人以上の治験者の募集を予定しており、子供のアトピー、成人の睡眠の質やメンタル、乾癬など異なる健康問題をテーマとし、それらと腸内フローラとの関係について検討し、バイオプロティクスを補充して症状を改善する効果を明確にする。学会は、異なる地域の一般市民の腸内細菌群の検査測定によりプロバイオティクス補充治療前後のデータを収集、比較することで、腸の健康と未病問題における正確な診療を推進し、人類のヘルスケアと持続可能な発展を促進することを期待している。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
 
 
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
电话:代表 03-3980-6635 编辑部 03-3980-6639 营业部 03-3980-6695
Copyright 2004 JNOC, All Rights Reserved