× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
金融庁・日本経済新聞社主催のフォーラムにパネリストとして出演
デジタル資産取引・管理は安全性・信頼性高い技術
陳 海騰 Huobi Japan代表取締役社長
10/23/2020 11:03:06 AM  
 
 

2020年8月24日~25日、東京日本橋にある室町三井ホール&カンファレンスにおいて、金融庁日本経済新聞社の主催する「ブロックチェーングローバルガバナンスカンファレンス[Blockchain Global Governance Conference](BG2C)」「フィンサムブロックチェーン&ビジネス[FIN/SUM Blockchain & Business](FIN/SUM BB)を、コロナ対策で人数制限を行ったリアル会場と、広く一般向けにオンライン配信を組み合わせて開催された。

日本では、今春施行した改正金融商品取引法がブロックチェーン(分散型台帳)に関連する事項を盛り込むなど、金融システムの健全な発展に向けたルール整備が進んでいる。

本イベントでは『ブロックチェーンの健全な発展と新しいビジネスのために』がテーマに掲げられ、世界中から技術者や研究者、事業者、当局者など様々なステークホルダーが参加し、同技術の実社会での活用に伴って必要となる国際ルールや課題解決に向けた道筋について、金融部門にとどまらず幅広く議論が行われた。

セッション「日本におけるカストディエコシステム~デジタルアセットの鍵管理環境をいかに整えるか(動画)」では、佐々木清隆氏(一橋大学大学院経営管理研究科客員教授)、齊藤達哉氏(三菱UFJ信託銀行経営企画部FinTech推進室調査役)、森川夢佑斗氏(Ginc代表取締役社長)、そして、『人民日報海外版日本月刊』理事でもある陳海騰氏(Huobi Japan代表取締役社長)がパネリストとして出演した。

このセッションでは、日本における暗号資産や電子記録移転権利などの新しいデジタルアセットをどのように管理する必要があるか、また、カストディがどのように業界の発展に寄与するかについて議論が行われた。

Huobi Japanの陳海騰社長は「デジタル資産取引管理は安全性信頼性高い技術」であると強調して、次のように語った。

「当社は世界1000万人以上のユーザーに、安全で信頼できるカストディサービス(デジタル資産取引や資産管理)を提供しているグローバル企業の日本法人です。日本ではカストディに欠けせない暗号資産交換業を柱にして暗号資産取引所、暗号資産HT(フォビトークン)も運用しています。暗号資産で最重要なことは安全性であり、顧客の財産を守ることです。こうした流れを読み取りながら、5年後、10年後を見据えてSTOを含めた幅広い分野で民間として日本で技術協力を進めていき、安全なサービスを手掛けたい」。

「開幕挨拶」では、麻生太郎副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣(金融)が、人類の繁栄という共通の目標に向かって前進すべく協力協調のための有意義な議論の場になること期待していると話した。

「閉会挨拶」では氷見野良三金融庁長官が、コロナによるコミュニケーションのオンラインへのシフトなどにより、情報に対する信頼の構成要素が大きく変化していると指摘した上で、イノベーションと探求のプロセス、その意義について語った。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
 
 
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
电话:代表 03-3980-6635 编辑部 03-3980-6639 营业部 03-3980-6695
Copyright 2004 JNOC, All Rights Reserved