× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
        「安全と安心の源は、清らかな田畑から」。これが、日本人の食卓でお馴染みの食品ブランド「源清田」の社名の由来である。2021年の今年は、源清田の創業からは17年である。この17年で、日本の新華僑企業――源清田商事株式会社は、中央工場、多良貝物流センター、前林低温倉庫、九州倉庫、海外工場等の専門施設を擁する8大倉庫、工場に発展し、数十品目の農産物、食品の開発と生産を手掛ける、日本人の記憶に残る優れた有名ブランドに成長した。 初夏のある土曜日、われわれは車を駆って、千葉・九十九里浜近くの源清田商事の中央工場に向かった。そして、活力漲る工場内の「和敬清寂」の情緒豊かな茶庭で、源清田商事株式会社の王秀徳代表取締役社長にインタビューを行った。それは新境地を開く取材となった。
 
        「四国に、日本の造船業界に名を馳せる華人企業家がいる!」この情報を耳にした瞬間、日本で40年近くメディアの仕事に携わってきた記者は、取材したいという衝動に駆られた。歴史を振り返れば、日本の近代文明への歩みは、造船業の勃興と切り離すことはできない。150年以上にわたって、日本の造船業は世界市場で重要な位置を占めてきた。その人物にはどのような物語があったのだろうか。
 
        日本の重要無形文化財——鍛金の保持者で、1996年に「人間国宝」に認定された奥山峰石先生は、今年84歳である。金属を彫ったり嵌めたり繋ぎ合わせる象嵌技法によって、金属に日本の四季を表現し、最も鍛造が難しいと言われる合金で端正な造形を生み出す。
 
        8月25日現在、日本でも感染者数が6万人を、死亡者数は1200人を超えた。未だ収束の兆しが見えないコロナ禍に立ち向かうには国際的協力が必要だ。本誌では稲津久厚生労働副大臣に、日中の相互支援から得た知見をもとにその対策を語っていただいた。
 
        美しく変化することは、実は一種のパワーの再生であり、病魔と対抗し、健康を保ち、生活を楽しむパワーを生み、外見を変えることで強い精神力がもたらされる。東京ヒルズクリニック理事長の杉浦功修医師には自伝『俺、失敗しないので』がある。
 
        川口市では、全国に先駆けて、日本人・外国人住民が共に安心して暮らせる地域の多文化共生を積極的に推進している。7月15日、奥ノ木信夫市長に多文化共生のまちづくり、中国との交流の歴史、そして川口に住む中国人の市への貢献などについて伺った。
 
        編集部ではこれまで日本人のノーベル賞受賞者や関係者を、大学などの関係機関に訪ね、受賞に至るまでのエピソードや受賞後の抱負を取材してきたが、今回はとくに研究環境をめぐって、研究者の立場から天野浩名古屋大学教授に、それを支える文科省の立場から鈴木寛元文部科学副大臣に、研究現場の現状と未来について語っていただいた。
 
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
电话:代表 03-3980-6635 编辑部 03-3980-6639 营业部 03-3980-6695
Copyright 2004 JNOC, All Rights Reserved