× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
        編集部ではこれまで日本人のノーベル賞受賞者や関係者を、大学などの関係機関に訪ね、受賞に至るまでのエピソードや受賞後の抱負を取材してきたが、今回はとくに研究環境をめぐって、研究者の立場から天野浩名古屋大学教授に、それを支える文科省の立場から鈴木寛元文部科学副大臣に、研究現場の現状と未来について語っていただいた。
 
        新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい、各業界は多かれ少なかれ苦境に直面している。相次ぐ試練に見舞われる中、循環型経済を推し進める日本企業が躍進し、社会全体に新たな希望を注いでいる。梅雨明けの某日午後、株式会社ナンセイ本社を訪ねた。
 
        古月海光は3回企業の成功に携わった。まさにゼロからスタートして成功を収め、またゼロに戻った彼の人生の歩みは多くの伝説に彩られている。彼は、「われわれの努力によって『中国製造』で世界をさらに幸福にすることを心から願っている」と語った。
 
        昨年8月、奈良県立橿原考古学研究所の6代目所長に就任した元文化庁長官の青柳正規氏は、専門が古代ローマ文化など西洋の古典考古学であり、日本におけるポンペイ研究の第一人者である。「文化」による国づくり、また国際文化交流の在り方について伺った。
 
        ウイルスの脅威の下、「人類運命共同体」の構築は、もはや目標・理念ではなく、結束して取り組まなければならない現実となった。先ごろ、常に国際関係に関心を寄せてきた「学者政治家」である、福田康夫元首相に国際情勢について見解を語っていただいた。
 
        美しく変化することは、実は一種のパワーの再生であり、病魔と対抗し、健康を保ち、生活を楽しむパワーを生み、外見を変えることで強い精神力がもたらされる。東京ヒルズクリニック理事長の杉浦功修医師には自伝『俺、失敗しないので』がある。
 
        川口市では、全国に先駆けて、日本人・外国人住民が共に安心して暮らせる地域の多文化共生を積極的に推進している。7月15日、奥ノ木信夫市長に多文化共生のまちづくり、中国との交流の歴史、そして川口に住む中国人の市への貢献などについて伺った。
 
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
电话:代表 03-3980-6635 编辑部 03-3980-6639 营业部 03-3980-6695
Copyright 2004 JNOC, All Rights Reserved